»プロフィール

stella

Author:stella
好物は牛乳です。

»最近の記事
»最近のコメント
»最近のトラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリー
»FC2カウンター
»ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

2012

2009-12-26 (Sat) 01:39
2012を観てきました。
「インディペンデンス・デイ」、そして我らゴジラファンにとっては忘れられない「GODZILLA」のローランド・エメリッヒ監督作です。

090622_2012.jpg

なっがい!
レイトショーで観るにはその長さがちょっと辛かった。
これでもかという大災害の描写の連続で飽きないけどね。
それぞれの国の役割分担とか、こう見られてるよねーというところはよく整理されてました。
でも、●国はちょっと美しく、かつ都合よく描きすぎ。マンパワーと経済発展は目覚しいけど、あれだけ急ピッチでハイテク方舟をつくらせると品質が不安(その辺、アメリカには情報が伝わってないのでしょうか。)
あと家族愛と大災害の描写が永遠のテーマっぽい監督ですが、ラストスパートで家族の絆に終結するために、大富豪の彼女の浮気相手や、主人公の元妻の今彼をじゃんじゃん殺してしまった。ように見えた。

脇を固めた役者のバランスはとっても良かったです。
名言ホイホイな映画でもあります。

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

MOVIE | comments(6) | trackback(0) |

小谷元彦展 Hollow

2009-12-16 (Wed) 23:19
ヴェルニサージュに、メゾンエルメスへ。
写真は止められたので、(ばんばん撮ってる人はいたが)招待状をば。

091217_0159~01

新作は10点ほど。
浮上と落下、精神と肉体、生と死、虚像と実像、分裂と融合、その全ての過程と思しきもの。
そして恐らくベルニーニのアポロンとダフネ、聖テレジアの法悦。

ダフネは河の神の娘でニンフ。
人を愛する金の矢に射られたアポロンに妄信的に求愛され、逆に相手を疎んじる鉛の矢を射られたダフネは、恐れをなして逃げる際、父親に頼んで月桂樹へと変貌した。(あと一歩のところで月桂樹になってしまったダフネを悲しみ、アポロンは月桂冠を永遠に身に着けることに。)

SuperStock_1039-15076.jpg

幻の中で、聖テレジアの心臓を天使が火の矢で突き刺した瞬間、激痛と共にその身を離れた魂を神に直に触れられる究極の恍惚をあらわしている。そう、この顔。画像は拾ってきましたごめんなさい。

bernini49.jpg

欲望の人だと思います。
だから、観る者に欲望を募らせることができるのでしょう。
見えないものを見えるものに、形なきものを形あるものに。
捉えどころのないものの片鱗を掴み、引き摺り下ろすような作品を今後も期待しています。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

ART | comments(0) | trackback(0) |

チョン・ジュンホ個展「BLESS YOU」

2009-12-12 (Sat) 04:50
先日会議前にSCAI THE BATHHOUSEの チョン・ジュンホ個展「BLESS YOU」に立ち寄りました。
SCAIにはこの前の展示のジュリアン・オピー個展にも実は行ってるけど、記事さぼってる。
というかレビューはずっと、100件くらいはさぼってる。言わずもがな。

02.jpg

韓国の作家で、初めて見たのは森美の「笑い展」でした。
紙幣の中の風景が大火事になっちゃったり、人が入り込んでホワイトハウスにペンキ塗ったり映像で有名になった人。
売れてなかったけど、私だったら入り口すぐの "HAPPY VALENTINE"を買います。
顔の中央に丸く大きな●が空けられたなんちゃら仏立像2体が、隣り合わせで立っていて、その顔面の穴を通るように金ぴかの羽衣が頭上でハートを描いて結ばれている彫刻です。

オピーの個展でもそうだったけど、もしかして日本では、作家が挑戦している作品を買える度量が、買い手にないのかな。
瞬き、私は良かったけどな。

- - - - - - - - -

実は、あと5時間くらいで納品しなければいけない仕事がまだ上がっていない。
正直まだほとんど手をつけられてない。
ぶるぶる。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

ART | comments(0) | trackback(0) |

The Raven come to say "nevermore"

2009-12-07 (Mon) 02:17
わー今週すごいぞ激務だぞーせめて美味しいもの食べようねーーーとか思ってですよ。
アイスなんて年に1回くらいしか食べないから、楽しみにと買ってきたのに何で冷蔵庫に入ってるの君・・・?
朝そっと冷凍庫にしまって、さっき確かめてみたら無事!固まってた!限りなく元通り!私にとっては!!!

379967505_2a6b8c21e0.jpg

何かね、りんご味?カルバドス味?とかあるみたいです。最近は。
しかし一緒に仕事している某教授のお陰で酒量が増えているので、摂取カロリーには気をつけなければ。
(あと、体内時計が自然とシンクロしていってるので、睡眠時間にも気をつけないと。)

何かみんな、00年代の総括がしたいようで、今後を考える会みたいなのを催したり顔を出したりすると、自然とそんな話が出てきます。10年ごとに区切ってるのって、近代以降でしょう?
10年ごとにきっちり区切れるのかとか、私は昆虫でもないのでわかりません。

そんな私が最近わかったのは、少なくない数の一般の人は、話し合いの場で自分の意見を求められたときに「結論を思いつく前に、考えながら喋る」ということです。私は結論を決めてから話すので、「結論を思いつく前に、考えながら喋っていて、最初と最後で意見が変わる」のが、すごーーーーくすごーーーーーーく気になるのですが。
しかもそういう人に限って、意見が変わったのを指摘しても、(考えながら喋っているので)意見が変わったという意識がなく、「いや、最初からこう言ってる」とか言うんですね。
そしてそういう人は、他人の話を最後まで聞かない。という特徴も併発していたりします。
途中で遮られてもいい、だらだらとした話し方を、その人たちがしているからでしょうか。

おかげさまで色々対策を考えた末、「待つ」「黙って聞く」「イラっとしたら一旦その場を立ち去る」というコマンドが出せるようになりました。ただ、自分の話を遮られて最後まで意見が言えないときの、有効なコマンドがまだわからないんだな。

呪文でもいいんだけど。
来年の課題です。


DIARY | comments(0) | trackback(0) |

Nevermore

2009-12-01 (Tue) 03:45
ドイツ人にメール返信しながら、ずっと前に送られてきてた韓国人からの質問メールへ返信していないことを思い出し、それを片付ける前に中国へメールを打つ。
横で台湾のアーティストが大判出力に四苦八苦してて、フランス人へ確認の電話をした。
ふつうに日本で、自営業ですが、いったいどうしてこんなことに。

3814534984_7eb755a846.jpg

1年ほど前に彼氏に買ってもらった指輪、復刻してた。(ずーん)
そして、同じ店で、その指輪の斜め横にならんでた指輪を買ってもらう。(ずずーん)
no more missing !
つい最近の話。

またひとつ年を重ね、最早これ以上忙しいことはあるまいという記録を今年も無事更新しています。
上司が突然亡くなって、引き継いだ仕事がすごい量、すごい雑多、すごい密度で。
心の整理をする時間もなく、話して、励まして、慰めて、かばって、ちょっと立場上宙ぶらりんになったり、いろんな人の間をがっつり繋いだり。
葬儀が終わる前は、まわりも全然落ち着かなくて。
葬儀が終わった後は、まわりが段々落ち着いてきて。
でもまだ心の整理をしていない私はうっかり、最期の日、上司と打ち合わせた場所、歩いた道を辿って、同じ地下鉄に乗り、上司と別れた後に会った友人と会い、あの日上司の訃報を聞いた店に、気づいたらいたのでした。

もういないんだなぁ。
信じられないなぁ。

あの日もあの日の前の日も、同じ挨拶で別れたのになぁ。
あの日も、2人だけで話した日も、将来の、とても明るく希望が持てる話しかしてないなぁ。
仕事を引き継いでいて、それなりにちゃんと責任を取らないといけない立場なので、割とすぐ「私が倒れると駄目になる!」と思って気を張っちゃったから、まだあんまり向き合えないや。
年末までフルスロットルなので、それはお正月に取っておきます。






そして実はそんな中、生まれてはじめて、人並みに?「若いから」「見た目が若いから」を理由に駄目だ!的なことをこの1ヶ月の間に3人に言われました。
そういうこと言われるのって、てっきり都市伝説だと思ってました。(うそ)

1人目に言われた瞬間、A「腹の底でそう思ってるのは知ってるけど、今全然そういう話してないし、言われなくてもいいことだなー」B「腹立つなーキレていいレベルだなーいやここは小娘らしく、沢山人もいるし泣いてもいいんじゃない」という2種類の思考のベクトルが存在しました。

結果:論破しながら泣いて怒る

カオス!
マイナス20点!
でもそのお陰で後2人はスルーできました。
きっと、年齢で駄目って言う人って、年齢で駄目って言われたことがあって、かつ「本当に年齢が駄目」って言ってるわけじゃなくて、「何か別のことが気に食わないんだけど、言いやすいから年齢が駄目」って言ってるんじゃないかな。

どうでもいいな。(私が気にすべき非じゃないな)
とか思いながら聞いてる内に、
若くて、見た目も若くて、中身は落ち着いてて、そこそこ実力もあって、っていう「批判」をされながら、脳が幸せを求めて「褒め言葉」変換していて自分でも感心!というかむしろ馬鹿!!







結婚していないから、こどもがいないから。
そういった言いがかりで、傷つくひとがどうかいませんように。
都市伝説でありますように。





DIARY | comments(0) | trackback(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。